財布がいらない時代にSSL

財布を持ち歩くのは面倒だけど、無ければいざというときに困る。
そうした声に応えて、携帯電話各社は様々なサービスを考えてきました。
特に日本独自の技術して注目を集めているのが「おサイフケータイ」です。
お店で携帯電話を使って料金の支払いを行っている人を見かけたことはあるでしょうか。
レジ横には必ず何かしらの機械が置いてあるのですが、これに携帯電話をかざすことで料金の支払いが可能になるのです。
日本独自の技術であったことから「ガラパゴス」などと揶揄されたこともありますが、利用法は多岐にわたり財布も不用になることから現在主流のスマートホンでも搭載された機種が販売されています。
さて、おサイフケータイにしろクレジットカードで決済するにしろ個人情報は守らなければいけません。
誰も自分のお金を外に置いておいて、持って行ってくださいなどとする人はいません。
そこで携帯電話では「SSL」に対応するか「独自の暗号化技術」を採用しています。
特にSSLは世界標準で、かつ様々な場面で使うことが出来るため開発段階でも多用されています。
独自の暗号化技術はかなりセキュリティが求められる場面で使われており、ICカードなどはその代表例です。
SSLは脆弱性の指摘もあるものの、それに随時対応していくことで個人情報を保護しています。
ですからあまり神経質になりすぎずに、便利な面は享受してセキュリティ面は日々仕事をしているプロフェッショナルに任せておきましょう。

関連する記事